Loading

このサイトでは音声が流れます。
周囲の環境にご配慮の上、
音量を調節してお楽しみください。

This site will play audio.
Please be careful with the volume.

10. 一期一会の精神で、全てのレビューを読んでいます

10. 一期一会の精神で、全てのレビューを読んでいます

Glassdoorのレビューが信頼され続けるために

就職先を決める前に、職場事情をできる限り知っておきたいのは当然のこと。事実、95%の求職者が志望先に関するあらゆる情報を欲しがっています。サンフランシスコ本社のGlassdoorは、実際に働いている従業員による匿名評価を掲載した世界最大規模のプラットフォームを提供しています。これから自分が働くかもしれない職場について内部からの声を知ることができるのです。
毎年12月には「従業員が選んだ最高の職場(“Best Places to Work”)」をランキングで発表。従業員が自分の職場を8つの観点から評価した結果と、その質、量、整合性をGlassdoorが検証し、順位付けしたものです。このレポートは多くの業界のリーディングカンパニーにおいて職場環境や企業風土の向上に活用されています。

口コミを利用した評価やランキングの信頼性を担保するために重要なことは、企業にも従業員にも率直で、一貫して公平な調査方法をとることです。審査観点はあらかじめ企業側に伝えられています。全ての企業が同等に扱われ、不都合な評価を除外することは決してできません。

従業員が評価する際は、職場の長所と短所の両方について語るように促され、偏りなく全体像が描き出されるように配慮されています。さらに重要なのは、従業員からの投稿がGlassdoorのコミュニティガイドラインに沿っていること。そのためにここでは2段階の検証プロセスがとられています。投稿内容を独自技術で、さまざまな側面から解析し、極端な評価にはフラグ立て。それを担当チームが綿密に調査した上で、コミュニティガイドラインを厳守したもののみを残します。このように厳格なプロセスで公平性を検証し、初めて信憑性の高い本物の情報だという確証が得られます。求職者は安心して、自分のキャリアを左右する重大な決断を下すことができます。企業側にとっても、自社の企業風土の健全性を正しく認識するチャンスとなるのです。

企業の口コミ情報を掲載する世界最大級の求人情報検索サイトGlassdoorを運営

このストーリーのカテゴリー

“集まるから力になる”

このストーリーに興味があるあなたにはこちらもおすすめ

BACK