Loading

このサイトでは音声が流れます。
周囲の環境にご配慮の上、
音量を調節してお楽しみください。

This site will play audio.
Please be careful with the volume.

21. 良いご縁を、オープンに、安全に。

21. 良いご縁を、オープンに、安全に。

ゼクシィ縁結び

ゼクシィブランドから生まれたマッチングサービス

結婚情報誌『ゼクシィ』は、「画一的な結婚式ではなく、花嫁が自由にアレンジした式を」という従業員の思いから、新規事業コンテストを経て1993年に誕生しました。それから22年経ち、ITやサービスの進化などに伴う生活スタイル、価値観の変化などを背景に、結婚は「する」「しない」を選択する時代へと変化しました。その一方で、少子化、恋愛観の変化を受けて、大切な人生のパートナーと出会いたいのにその手段を持てない人がいることも課題として浮かび上がってきました。これまで幸せな結婚式の実現のために情報提供してきたゼクシィだからこそ、その手前でもお手伝いできることがあるのではないか。その思いから2015年に誕生したのが『ゼクシィ縁結び』(ネット・アプリ・結婚相談所・イベント)です。

当時既に出会いのマッチングサービスは珍しいものではありませんでした。しかし多くの方は「使っていることが恥ずかしい」「サービス内容が怪しい」「料金が高い」といったイメージを持っていました。そこでゼクシィは「オープンに、安全に、出会える社会」をつくることを目指しました。例えば、ネット・アプリでは、互いの個人連絡先を非公開にしたままデート日程を調整できる、デート調整代行サービス「お見合いコンシェルジュ」(ネット婚活業界初)の提供、相談所では、業界3分の1の価格を実現し、敷居を低くするなど。さらに、各サービスサイトでは、実際にサービスを通じて成婚したユーザーにサイト上で体験談を語っていただくことで、身近に感じていただけるよう努めています。

このように多くのユーザー、協働企業に支えられ、『ゼクシイ縁結び』の会員数は100万人を超えました。これからも、ゼクシィブランドとして、大切な人生のパートナーを見つけるお手伝いや、新たな人生を共にすることを決めた人々に寄り添いながら、サービスの品質を高め、拡げていきます。

このストーリーのカテゴリー

“その不安に寄り添うために”

このストーリーに興味があるあなたにはこちらもおすすめ

BACK