Loading

このサイトでは音声が流れます。
周囲の環境にご配慮の上、
音量を調節してお楽しみください。

This site will play audio.
Please be careful with the volume.

23. 知恵の流通革命を!

23. 知恵の流通革命を!

Quipper

誰もが学びたいものを好きなだけ学べる世界に

Quipperは“Distributors of Wisdom”という理念を掲げ、国境や貧富の差を超えて、世界中で誰もが学びたいものを好きなだけ学べる世界の実現を目指し、2010年にイギリス・ロンドンで創業しました。先生がオンライン上で宿題を作成したり、小学校から高校までの生徒の宿題や進捗をサポートするプラットフォームを開発・運営し、先生たちの働く環境を支えています。現在、日本以外にもフィリピン、インドネシア、メキシコの3ヶ国に展開しています。これらの国や地域は、公教育にもまだまだ課題が多く、教育インフラの整備が遅れ、子どもへの教育機会に大きな格差が存在します。

当時、インドネシアでは「Quipper」が検索ワードで年間4位になるほどまでに認知されていました。会員数は拡大し続け、大成功とも見えましたが、無料提供も多く、マネタイズが厳しい状況。そのQuipperが15年に出会ったのが、リクルートマーケティングパートナーズ(RMP)でした。RMPでも教育環境格差の解消を目指し、日本国内向けのオンライン学習サービス『スタディサプリ』(当時:受験サプリ)を12年にリリース。動画コンテンツによって生徒の学力向上を目指すスタディサプリにとって、宿題配信や進捗管理などの先生たちの業務改善を進めることも、教育環境の改善のためには、重要課題でした。

学習プラットフォームを構築するQuipperと良質な動画コンテンツを提供するスタディサプリ。スタディサプリの「世界の果てまで、最高の学びを届けよう」という理念とも合致し、Quipperはリクルートグループに仲間入りすることになります。今では、先生のための業務支援ツールは『QuipperSchool』、スタディサプリが提供するような動画配信サービスは『QuipperVideo』として、世界各国で提供されています。

教育から就職までを結ぶプラットフォームへ

「知恵の流通革命」には、課題や問題集のような教材コンテンツの提供も含まれています。現地の先生方と協働し、各国の学習指導要領に沿った問題を作成し、教材にしています。例えばフィリピンでは、20の地方自治体の教育委員会レベルで、この教材の使用指示が出ています。これにより、先生がひとりで作成することなく、他の先生とも共有しながら教材を展開できるようになり、新たな知恵の流通を生んでいます。さらに、教育と職業の架け橋も必要です。例えば、プログラミングやコーディングなどの学習は、そのまま職業に結びつきます。今後、教育が職業教育と密接になっていくなかで、Quipper上での日々の学習が単なる点数や学力向上ではなく、就職につながっていく。

しかしながら、知恵の流通革命はまだまだ道半ばです。教育格差の解消という課題に対して、知のマーケットプレイスを作っていくことが重要です。Quipperが目指す未来では、誰もが勉強したいことや職業に結びつくような身につけるべきことがオンラインで可視化され、そのために必要な学習コンテンツに国境や貧富の差を超えてアクセスし、好きなだけ学べるようになる。そんな学びのプラットフォームをスタディサプリとともに目指していきます。

※2020年7月現在は、インドネシア、フィリピンに展開

渡辺 雅之

話者プロフィール

渡辺 雅之
Quipper Limited 顧問

京都大学在学中から発展途上国20数ヶ国を渡り歩き、難民支援NPOに参加するなど経済格差や教育問題に強い関心を持つ。卒業後マッキンゼーに入社。1999年に株式会社ディー・エヌ・エー創業に参画、事業戦略、マーケティング、新規ビジネスを担当。2010年に退職し渡英。ロンドンで学習プラットフォームサービス『Quipper』を創業。15年リクルートグループに参画

このストーリーのカテゴリー

“その意思が世の中を変えていく”

このストーリーに興味があるあなたにはこちらもおすすめ

BACK