Loading

このサイトでは音声が流れます。
周囲の環境にご配慮の上、
音量を調節してお楽しみください。

This site will play audio.
Please be careful with the volume.

53. 仕事を用意するだけじゃなく、生活も含めたサポート。そこまで担うのが私たちの仕事です

53. 仕事を用意するだけじゃなく、生活も含めたサポート。そこまで担うのが私たちの仕事です

International Recruiting

EUの中心に位置し、9ヶ国と国境を接するドイツでは、積極的に移民を受け入れています。

そのドイツで40年ほど人材派遣業を営むUniqueは、2014年に国境を越えて、求職者と企業を結びつける取り組みを開始しました。良い条件の求人が少ない一方で有能な人材が豊富な東欧諸国の求職者に、ドイツ国内の求人案件を紹介するのです。活動の中心はルーマニア、ポーランド、チェコ共和国、スロバキアおよびクロアチア。今後はウクライナへの展開も予定しています。

責任者を務めるソニア・グリーブは、この施策を始めた当時の状況を、次のように振り返ります。「ドイツ国内の多くの地域で、求職者のニーズと企業の人材要件がマッチしない課題が散見されました。解決策を議論するなかで、国境を越えた人材募集というアイディアが浮かびました」。

当時既に、ドイツ国外で人材募集を行う派遣会社はありました。そこでUniqueでは、移民の方々が言語の壁や文化の違いを乗り越えて、ドイツでの生活をスムーズに送れるところまで支援するという、他社にないプログラムを作ることにしました。「例えば、ポーランドからの求職者を支援するためにポーランド出身のアニア・スクシンスカをチームに入れました。彼女自身、5年前にドイツに移住した経験があり、求職者の苦労を理解できる最適な人物でした」とソニア。

「求職者はドイツでの生活について、言語面の不安を多く抱えています。克服できないと思い込んでいる人もいます。私は彼らに対し、最初は自分でできないこともあるかもしれないけれど、私が必ずサポートしますと伝えています」とアニア。彼女は実際に、納税申告などの行政手続きや、銀行での口座開設、病院での診察などの場面で通訳を行い、生活の立ち上げをサポートしています。彼女自身がそうであったように、移住者もいずれはドイツ語を話せるようになり、第二の母国で力強く生きていけると信じ、支援しているそうです。

アニアが支援した派遣社員のひとり、ポーランド出身のブチンスカ・エヴェリナさんは、Home24というドイツのオンライン家具店で働いています。「Uniqueは仕事を紹介してくれただけでなく、職場近くのアパートの手配も手伝ってくれました。アニアは、連絡をするとすぐに対応してくれます。電話でサポートしてもらいながらあらゆる行政手続きを行うことができました」とエヴェリナさん。

Home24で倉庫・流通部門の責任者を務めるユベルトゥス・ミクリスさんは、Uniqueの取り組みについて次のようにコメントしました。「Uniqueは当社の求める人材を派遣してくれるだけでなく、どうすれば職場になじむことができるか、具体的なアドバイスをくれます。例えば、着任前後やその後の面談を充実させることで、異文化のなかで働く不安を取り除くなど。実施してみると、現場の従業員がイキイキと働くようになりました。これまでは、言語や文化の違いによる難しさがありましたが、Uniqueの協力を得てスムーズになりました」。ユベルトゥスさんは、ドイツ国外からの人材登用に関して自信を持てるようになったと言います。今では正社員として採用される派遣社員も出てきているそうです。

Uniqueではこれまでに、250名の方々のドイツへの移住、就職を支援してきました。これからも、求職者一人ひとりの不安に寄り添いながら、国境を越えた仕事探しをサポートしていきます。

このストーリーのカテゴリー

“その不安に寄り添うために”

このストーリーに興味があるあなたにはこちらもおすすめ

BACK